コレステロールと上手く付き合う方法 ab-roma.org

コレステロールと健康法
コレステロールと上手く付き合う方法

トップ » 美容・健康 » コレステロールと健康法

サイトメニュー

運営方針

コレステロールの正しい知識を

コレステロールは、タンパク質や炭水化物と共に三大要素とも言われている脂質の一種です。すべての動物が保有し、生体内で重要な役割を果たしているのです。その役割は、細胞膜の構成。神経細胞の保護。臓器のホルモンの原料となっています。このように、私たちが生きていく上でなくてはならない物質なのですが、その量は、多すぎても少なすぎてもいけません。

実際にアメリカでコレステロールは、血清中の値と、それによって引き起こす病気の死亡率との関係が発表されております。では、どのくらいの量が適量なのかといいますと、日本人の成人の値は、130~200が正常と言われています。それよりも高くなると、動脈硬化をはじめ、さまざまな病気を引き起こす原因とも言えるでしょう。

では、コレステロールの数値を下げるにはどうしたら良いかといいますと、最も重要なのは食事の改善にあります。主に、卵、魚肉の内蔵、バター類、いくらやエビなどにも多く含まれるので、今一度見直してください。長い時間が要することではありますが、ご自分の体はご自分でしか守れません。値を下げることによって、生き生きとした明日を過ごしましょう。