明るい未来の医療機器が進化している ab-roma.org

からだの箇所に特化した医療機器
明るい未来の医療機器が進化している

トップ » 通販 » からだの箇所に特化した医療機器

サイトメニュー

運営方針

医療機器について説明します

胃の検査をする医療機器は、胃カメラといわれる内視鏡検査と胃透視検査が主流になります。胃カメラと胃透視は胃炎や胃潰瘍・胃がん・食道がん・逆流性食道炎などの病気がわかる機器です。胃透視とはバリュウムという造影剤を飲んで食道・胃・十二指腸などの形状や動き・粘膜の状態を診る医療機器で、潰瘍や腫瘍・ポリープが無いか調べる検査です。

医師の指示に従ってバリウムを飲んだり、台の上で横になったり仰向けになったりします。ここで癌などが疑われた場合、胃カメラをすることになります。胃カメラは胃透視よりも直接臓器を診ることができる医療機器ですので、癌やポリープが発見しやすいです。口からカメラを入れていくタイプや鼻からカメラを入れて行くタイプなどさまざまな種類があります。

胃カメラが苦手な方には最近カプセルの内視鏡も出ています。胃透視も胃カメラもお腹の中を空っぽにして検査を受ける必要があり、絶飲絶食になります。定期薬を飲まれている方は、朝は薬を飲まないで検査をしなくてはなりません。胃の異常があれば早めに対応する医療機器のある病院へ行って診察されることをおすすめします。